イチゴ(苺)に適した土選びと土づくり

イチゴの画像イチゴの画像

イチゴの画像イチゴの画像


イチゴ(苺)に適した土選びと土づくり イチゴ(苺)に適した土選びと土づくり

 このページでは、イチゴ(苺)がすくすく育つ土の選び方と土づくりについてご紹介しています。当サイトのすべてのページは、本文下の総合ページリンク一覧からご覧いただけます。

 ≫総合ページリンク一覧から他のページを見るにはこちらから


スポンサーリンク


イチゴ(苺)に適した土選びと土づくり イチゴ(苺)に適した土選びと土作り


 イチゴ(苺)の栽培には、イチゴ(苺)苗に適した良い土が欠かせません。とはいえ、イチゴ(苺)作りが初めての方にとっては、イチゴ(苺)に適した用土を自分で配合するのは、ちょっと難しいことでしょう。

 とくに初めてイチゴ(苺)栽培を始める方にとっては、ホームセンターや園芸店、インターネットなどでイチゴ(苺)専用に配合された用土を手に入れる方が、ずっと簡単ですし、何より安心です。

 イチゴ(苺)専用に配合された培養土にもいくつか種類があります。それぞれに、独自の方法や研究に基づいた工夫がされていますが、基本的はどれを選んでいただいても大丈夫です。そうそう、イチゴ(苺)専用の培養土を買い求める際には、鉢底に敷く赤玉土などの底土も用意しておいてくださいね。


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

イチゴはいちご 培養土 12L プロトリーフ 関東当日便
価格:950円(税込、送料別) (2016/8/4時点)


 ちなみに、イチゴ(苺)を初めて栽培する場合は、たいてい新しいイチゴ(苺)専用の培養土を用意することになると思いますので、問題はないのですが、ガーデニングを楽しまれる方の中には、他の草花を育てた後の土や、使い古しの土を転用するといったこともあるかと思います。

 一般の草花の場合であれば、よほど特別な植物を育てるとか、その土が腐敗菌に汚染されているといった事でもない限り、古い土を使いまわしても、それほど問題にはなりません。

 ところが、イチゴ(苺)栽培では、一般の草花以上に土のコンディションが重要になりますので、できれば使い回された古い土ではなく、できるだけ新しい土を使うようにしてくださいね。

手軽に楽しく育てられるイチゴ(苺)苗の一覧は、こちらからご覧いただけます。

イチゴ(苺)の栽培に最適な、ベランダでも使えるストロベリーポットの一覧は、こちらからご覧いただけます。


当サイトでは、植木鉢やプランターを使った家庭菜園で作る、おいしいイチゴ(苺)の育て方をご紹介しています。

当サイトのすべてのページは、本文下のリンクからご覧いただけます。どうぞご利用ください。


スポンサーリンク






スポンサーリンク


イチゴ栽培・月別作業のコツとポイント12ヶ月


イチゴ(苺)の病害虫対策



スポンサーリンク


 おいしいイチゴ(苺)の育て方と栽培法のトップページへ

   
 

Copyright(C) おいしいイチゴ(苺)の育て方と栽培法 All rights reserved.
inserted by FC2 system