イチゴ(苺)の病害虫対策・炭疽病(たんそびょう)

イチゴの画像イチゴの画像

イチゴの画像イチゴの画像


●イチゴ(苺)の病害虫対策 炭疽病(たんそびょう)

 このページでは、イチゴ(苺)のかかりやすい病気のひとつ、炭疽病(たんそびょう)についてご紹介しています。当サイトのすべてのページは、本文下の総合ページリンク一覧からご覧いただけます。

総合ページリンク一覧から他のページを見るにはこちらから


スポンサーリンク


●イチゴ(苺)の病害虫対策・炭疽病(たんそびょう)


●炭疽病(たんそびょう)とは?

 炭疽病(たんそびょう)は、夏の高温期に多く発生し、長雨が続いたり、水やりによって病変株からほかの株に伝染する伝染性の高い病気です。

 症状としては、葉やクラウン部分に黒いインクがついたような斑点が現れたり、茎が赤黒く「くびれたような」症状が現れ、とくにクラウン部分に病変が現れた場合は、きわめて高い確率で枯れてしまうことになります。


(中央に見えるのが”クラウン”です)

 ちなみに、”クラウン”というのは、外観がちょうど王冠のような形に見える、苗の中心付近にある新しい生長点のことです。ここから新しい葉や茎が伸びて、やがては甘くておいしい果実を実らせる株に成長します。

 現在、炭疽病には2種類の病原菌が知られ、多くの植物に対し炭疽(たんそ)病を引き起こす多犯性植物病原菌のGlomerella cingulataは、クラウン部分や葉、葉柄、ランナー、根などに寄生して病変を起こします。

 とくにこの病原菌によってクラウン部分に病変が現れると、かなり高い確率で枯れてしまうことになります。そのため「立ち枯れ炭疽病」と呼ぶこともあります。

一方、新しく見つかった多犯性植物炭疽病菌のColletotridhum acutaumは、葉柄、葉身、ランナーに寄生し、葉に多く発病します。ただし、クラウン部に病変を起こすことないとされ、これが直接の原因となって萎縮して枯れてしまうということは稀だと考えられています。このことから、「葉枯れ炭疽病」とも呼ばれます。

 いずれにしても、炭疽病(たんそびょう)は、効果の期待できる薬剤も少なく、炭疽病を発病したイチゴ(苺)の株は、ほとんどの場合枯れてしまうか、収穫が見込めなくなります。


●炭疽病の予防と殺菌剤

 炭疽病には、薬剤の種類は少ないですが、殺菌剤を使って予防する方法もあります。使用には指定の倍率に従って薬剤を水で薄める(希釈=きしゃく、といいます)などの知識が必要ですが、ご興味のある方は、以下にご紹介するアントラコール顆粒水和剤の使用も検討してみてください。


●日常からの炭疽病予防のポイント

 イチゴ(苺)を炭疽病から守るためには、できる限りの方法で予防することがいちばんの対策となります。

 具体的には、先ほど少し触れましたが、炭疽病は発病した株から水はねによって伝染する可能性が極めて高くなりますので、苗選びの段階で、しっかりとした健康な苗を選び、植え付けの際には、できるだけ過密状態にしないように気をつけてください。

 そして雨に当てないこと、水やりの際には、できるだけ水はねのないように与えることなどに注意してください。水やりの際の水はねから炭疽病の伝染を予防するという意味では、底面給水鉢でイチゴ(苺)を育てるという方法も有効です。

 底面給水鉢は、通常の植木鉢やプランターのように、上から水やりをするのではなく、鉢底に備え付けられた水溜めから直接土に水を補給するしくみになった鉢で、できるだけ鉢の上面から水やりをしないほうがいいシクラメンなどの栽培にも使われている特殊な植木鉢です。


●もしも炭疽病に感染したら?

 もしも炭疽病を発病している株を見つけたら、すみやかに抜き取って廃棄してください。また、残った株も、伝染している可能性がありますので、注意深く観察しておきましょう。

 ちなみに、イチゴ(苺)の炭疽病(たんそびょう)予防に関しては、こちらの本に詳しく書かれていますので、参考にしてみてください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

これで防げるイチゴの炭疽病、萎黄病 [ 石川成寿 ]
価格:2052円(税込、送料無料) (2017/10/11時点)

手軽に楽しく育てられるイチゴ(苺)苗の一覧は、こちらからご覧いただけます。

イチゴ栽培に欠かせないイチゴの培養土の一覧はこちらからご覧いただけます。

甘いイチゴに育つイチゴの肥料一覧はこちらからご覧いただけます。

イチゴ(苺)の栽培に最適な、ベランダでも使えるストロベリーポットの一覧は、こちらからご覧いただけます。


当サイトでは、植木鉢やプランターを使った家庭菜園で作る、おいしいイチゴ(苺)の育て方をご紹介しています。

当サイトのすべてのページは、本文下のリンクからご覧いただけます。どうぞご利用ください。


スポンサーリンク




日本のイチゴ(苺)の種類と品種の特徴イチゴ(苺)の魅力
イチゴ(苺)の年間栽培スケジュールイチゴ(苺)の苗の上手な選び方
イチゴ(苺)栽培に必要な栽培用品イチゴ(苺)苗の植えつけ方とコツ
イチゴ(苺)の土選びと土づくりイチゴ(苺)の鉢の置き場所
イチゴ(苺)の肥料の選び方と与え方イチゴ(苺)の人工授粉の方法
成長期のイチゴ(苺)の管理のポイントイチゴ(苺)の冬の管理と寒さ対策
イチゴ(苺)の収穫時期一季なり(性)イチゴの性質と特徴
四季なり(性)イチゴの性質と特徴一季なり(性)イチゴ品種のライフサイクル

スポンサーリンク


イチゴ栽培・時期別・月別作業のコツとポイント12ヶ月

5月のイチゴ栽培・作業のコツとポイント6月のイチゴ栽培・作業のコツとポイント
一季なりイチゴ栽培開始の適期と始め方10月のイチゴ栽培・イチゴ苗の植え付けのコツとポイント
11月のイチゴ栽培・冬越しの準備と追肥・作業のコツとポイント12月のイチゴ栽培・防寒と追肥・作業のコツとポイント

イチゴ(苺)の病害虫対策


イチゴ(苺)の病気対策 うどんこ病イチゴ(苺)の病気対策 灰色カビ病
イチゴ(苺)の病気対策 炭疽病イチゴ(苺)の害虫対策 ハダニ
イチゴ(苺)の害虫対策 アブラムシ

スポンサーリンク



Copyright(C) おいしいイチゴ(苺)の育て方と栽培法 All rights reserved.
inserted by FC2 system