イチゴ(苺)の人工授粉の方法

イチゴの画像イチゴの画像

イチゴの画像イチゴの画像


イチゴ(苺)の人工授粉の方法 イチゴ(苺)の人工授粉の方法

 このページでは、イチゴ(苺)に人工授粉が必要な理由と、人工授粉の方法についてご紹介しています。当サイトのすべてのページは、本文下の総合ページリンク一覧からご覧いただけます。

 ≫総合ページリンク一覧から他のページを見るにはこちらから


スポンサーリンク


イチゴ(苺)の人工受粉の方法 イチゴ(苺)の人工受粉の方法


 イチゴ(苺)の花が咲いたら、より確実に果実をつけさせるために、人工受粉を行います。

 イチゴ(苺)の花は、本来、虫たちの力を借りて受粉を行う植物です。イチゴ(苺)の花に集まってきたミツバチや、マルハナバチ、シマハナアブなどの花の蜜を求めてやってくる虫たち(訪花昆虫といいます)が、他のイチゴ(苺)の花へと移っていく過程で、虫たちの体に付いた花粉が一緒に運ばれて受粉するというわけです。このように虫たちを媒介して受粉を行う花たちを、”虫媒花(ちゅうばいか)”といいます。

 ところが、イチゴ(苺)を栽培している地域や場所によっては、せっかくイチゴ(苺)の花が咲いても、なかなか虫たちが集まって来てくれない場合もあります。たとえば、都市部や市街地の高層マンションのベランダなどがそうですね。

 そこで、虫たちの代わりに、受粉を助ける作業が必要になります。そのための作業が人工受粉です。

 人工授粉の作業自体は、ちっとも難しい事ではありませんが、雌しべにまんべんなく受粉させることが重要なポイントです。

 イチゴの人工受粉の方法は、毛先の柔らかい毛筆用の筆、丸めた綿、綿棒などを使って、咲いているすべての花の中心付近にある雌しべを、順番に軽く撫でてあげるだけで完了です。

 筆の毛先や綿が花粉を運ぶ虫たちの代わりというわけですね。

 イチゴは、雌しべに十分に花粉がつくことで形の良いイチゴの果実が形成されます。もしも受粉が不十分だと、形が不揃いのいびつな果実になりやすいので、しっかりとやっておいてくださいね。

 ちなみに、イチゴ(苺)は、自家受粉、他家受粉ともに可能ですので、たとえちいさな鉢でひと株だけ育てている場合でも、さきほどご紹介した方法で人工授粉が可能です。受粉をより確実にするために、この作業を数回繰り返しておくと安心です。




手軽に楽しく育てられるイチゴ(苺)苗の一覧は、こちらからご覧いただけます。

イチゴ(苺)の栽培に最適な、ベランダでも使えるストロベリーポットの一覧は、こちらからご覧いただけます。


当サイトでは、植木鉢やプランターを使った家庭菜園で作る、おいしいイチゴ(苺)の育て方をご紹介しています。

当サイトのすべてのページは、本文下のリンクからご覧いただけます。どうぞご利用ください。


スポンサーリンク






スポンサーリンク


イチゴ栽培・時期別・月別作業のコツとポイント12ヶ月


イチゴ(苺)の病害虫対策



スポンサーリンク


 おいしいイチゴ(苺)の育て方と栽培法のトップページへ

   
 

Copyright(C) おいしいイチゴ(苺)の育て方と栽培法 All rights reserved.
inserted by FC2 system