イチゴ(苺)の収穫

イチゴの画像イチゴの画像

イチゴの画像イチゴの画像


イチゴ(苺)の収穫 イチゴ(苺)の収穫

 このページでは、イチゴ(苺)の収穫時期と、よりたくさんの果実を実らせるポイントについてご紹介しています。当サイトのすべてのページは、本文下の総合ページリンク一覧からご覧いただけます。

 ≫総合ページリンク一覧から他のページを見るにはこちらから


スポンサーリンク


イチゴ(苺)の収穫 イチゴ(苺)の収穫


 イチゴ(苺)は、花が咲き終わった後、およそ35日〜40日で果実が成熟し、収穫期を迎えます。


 収穫できる期間は、育てている地域や気候、育てている品種によっても違いますが、早ければ春先の4月頃から7月頃まで収穫することができます。

 イチゴ(苺)が収穫期を迎えたら、果実全体が赤く色づいていることを確かめながら収獲しましょう。育てている環境や規模によっては、野鳥などに果実が食べられてしまうこともありますので、防鳥ネットなどの対策も検討してみてください。

 また、この時期、イチゴ(苺)の親株からランナーと呼ばれる匍匐枝(ほふくえだ)が伸び始め、子株ができるようになります。

 もし、子株を育てて新しい苗を作る予定がないのであれば、園芸用のハサミなどを使ってランナーを根元から取り除いておきましょう。ランナーを残しておくとその生長のために養分が奪われてしまいますので、取り除いておくほうが果実の充実につながります。

手軽に楽しく育てられるイチゴ(苺)苗の一覧は、こちらからご覧いただけます。

イチゴ(苺)の栽培に最適な、ベランダでも使えるストロベリーポットの一覧は、こちらからご覧いただけます。


当サイトでは、植木鉢やプランターを使った家庭菜園で作る、おいしいイチゴ(苺)の育て方をご紹介しています。

当サイトのすべてのページは、本文下のリンクからご覧いただけます。どうぞご利用ください。


スポンサーリンク






スポンサーリンク


イチゴ栽培・時期別・月別作業のコツとポイント12ヶ月


イチゴ(苺)の病害虫対策



スポンサーリンク


 おいしいイチゴ(苺)の育て方と栽培法のトップページへ

   
 

Copyright(C) おいしいイチゴ(苺)の育て方と栽培法 All rights reserved.
inserted by FC2 system