四季なり(性)イチゴの性質と特徴

イチゴの画像イチゴの画像

イチゴの画像イチゴの画像


●四季なり(性)イチゴの性質と特徴

 ●このページでは、イチゴ栽培に欠かせない基本的な予備知識、「四季なり(性)イチゴの性質と特徴」についてご紹介しています。当サイトのすべてのページは、本文下の総合ページリンク一覧からご覧いただけます。

総合ページリンク一覧から他のページを見るにはこちらから


スポンサーリンク


●四季なり(性)イチゴの性質と特徴


●四季なり(性)イチゴとは?

 すでにご存知のように、イチゴには様々な品種が数多くあります。そうした栽培用として育てられているイチゴはすべてバラ科フラガリア属に分類される仲間という点では共通していますが、自然の条件下で栽培されているイチゴには、年に1回、5月〜6月に果実をつける「一季なり(性)イチゴ品種」 と四季を通じて果実をつける「四季なり(性)イチゴ品種」とがあります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

野菜の苗/イチゴ:四季なりいちご夏姫3号ポット3株セット
価格:792円(税込、送料別) (2017/10/11時点)

 基本的には、春先に収穫の旬を迎えるイチゴの品種が一季なり(性)イチゴ品種。それに対して、真夏や真冬の時季を除いて、温度(気温)や日長条件(陽射しの長さ)にあまり左右されずに花芽(かが)分化が行われ、次々に開花・結実し収穫できるイチゴが四季なり(性)イチゴ品種です。

 四季なり(性)イチゴ品種は、夏の頃にはいったん花芽分化や開花・結実が鈍くなりますが、寒冷地や高地などの夏の間も涼しい気候の場所であれば、真夏でも花芽分化が続き、開花・結実を経て収穫できるという特徴があります。

 具体的な品種でいえば、夏の暑さに強く、春から秋まで長期間収穫できるイチゴとして知られる「夏姫」、北海道原産の「ペチカ」、愛知県の「天使のいちご雪うさぎ」、東京都の「純ベリー2」などが四季なり(性)イチゴの代表的品種です。


●四季なり(性)イチゴ品種と一季なり(性)イチゴ品種の違い

 一季なり(性)イチゴ品種と四季なり(性)イチゴ品種は、どちらも多年生の植物で、生育に適した環境であれば何年も生育することができます。

 ただし、一季なり(性)イチゴ品種と四季なり(性)イチゴ品種とでは、花芽(かが)分化(花芽形成)のしかたや開花・結実の条件が違います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

いちご 苗 【四季成り性】ペチカ 3号ポット苗 イチゴ 苺
価格:529円(税込、送料別) (2017/10/11時点)

 花芽形成についていえば、四季なり(性)イチゴ品種は、日長に関係なく、温度が15℃〜30℃の範囲で花芽分化が行われ、長日で花房の数が増える特徴があります。ですから、春に苗を植えつけると、夏前から次々と開花・結実して収穫ができるというわけですね。

 四季なり(性)イチゴ品種のこうした性質から、四季なり(性)イチゴ品種は、一季なり(性)イチゴ品種が収穫を終えた後の端境期にあたる夏から秋にかけて収穫できるため、夏季の時季が比較的冷涼な北海道などで盛んに栽培が行われています。

 四季なり(性)イチゴ品種は、一般的には4月頃に苗が出まわり、植え付け後の初夏には旺盛に茎葉を生長させます。そして温度(気温)や日長条件(陽射しの長さ)に関係なく花芽を作り、開花・結実します。そのため、四季なり(性)イチゴ品種は、収穫期が長く、年間を通して収穫することができます。

 それに対して、一季なり(性)イチゴ品種は、気温や日長条件によって花芽分化が始まり、「一季なり」という呼び名の通り、(促成栽培を除けば)春先に一度だけ開花・結実して収穫期を迎えます。

 また、一季なり(性)イチゴ品種は、果実が比較的大きく糖度も高く甘い傾向がありますが、四季なり(性)イチゴ品種は、果実がやや小さく、酸味が強めで、最近では糖度の高い甘い品種や大玉の品種も登場していますが、一季なり(性)イチゴ品種にはまだ及ばないという違いがあります。

 そうしたことから、早めに収穫して追熟が可能な一季なりイチゴと違って、四季なり(性)イチゴ品種は、真っ赤に熟したところを収穫するという違いもあります。

 さらに、四季なり(性)イチゴ品種は、一季なり(性)イチゴ品種と比べると開花のピークがはっきりとせず、少しずつ花を咲かせ、そのつど果実をつけていくという違いや、栽培する上での違いとして、四季なり(性)イチゴ品種は、収穫期が長い分、年間を通して人工授粉やランナー掻き(伸びてくる匍匐枝の除去)が必要になるという違いもあります。

手軽に楽しく育てられるイチゴ(苺)苗の一覧は、こちらからご覧いただけます。

イチゴ栽培に欠かせないイチゴの培養土の一覧はこちらからご覧いただけます。

甘いイチゴに育つイチゴの肥料一覧はこちらからご覧いただけます。

イチゴ(苺)の栽培に最適な、ベランダでも使えるストロベリーポットの一覧は、こちらからご覧いただけます。


当サイトでは、植木鉢やプランターを使った家庭菜園で作る、おいしいイチゴ(苺)の育て方をご紹介しています。

当サイトのすべてのページは、本文下のリンクからご覧いただけます。どうぞご利用ください。


スポンサーリンク




日本のイチゴ(苺)の種類と品種の特徴イチゴ(苺)の魅力
イチゴ(苺)の年間栽培スケジュールイチゴ(苺)の苗の上手な選び方
イチゴ(苺)栽培に必要な栽培用品イチゴ(苺)苗の植えつけ方とコツ
イチゴ(苺)の土選びと土づくりイチゴ(苺)の鉢の置き場所
イチゴ(苺)の肥料の選び方と与え方イチゴ(苺)の人工授粉の方法
成長期のイチゴ(苺)の管理のポイントイチゴ(苺)の冬の管理と寒さ対策
イチゴ(苺)の収穫時期一季なり(性)イチゴの性質と特徴
四季なり(性)イチゴの性質と特徴一季なり(性)イチゴ品種のライフサイクル

スポンサーリンク


イチゴ栽培・時期別・月別作業のコツとポイント12ヶ月

5月のイチゴ栽培・作業のコツとポイント6月のイチゴ栽培・作業のコツとポイント
一季なりイチゴ栽培開始の適期と始め方10月のイチゴ栽培・イチゴ苗の植え付けのコツとポイント
11月のイチゴ栽培・冬越しの準備と追肥・作業のコツとポイント12月のイチゴ栽培・防寒と追肥・作業のコツとポイント

イチゴ(苺)の病害虫対策


イチゴ(苺)の病気対策 うどんこ病イチゴ(苺)の病気対策 灰色カビ病
イチゴ(苺)の病気対策 炭疽病イチゴ(苺)の害虫対策 ハダニ
イチゴ(苺)の害虫対策 アブラムシ

スポンサーリンク



Copyright(C) おいしいイチゴ(苺)の育て方と栽培法 All rights reserved.
inserted by FC2 system