イチゴ(苺)の苗の上手な選び方

イチゴの画像イチゴの画像

イチゴの画像イチゴの画像


イチゴ(苺)の苗の上手な選び方 イチゴ(苺)の苗の上手な選び方

 このページでは、元気で丈夫なイチゴ(苺)の苗の上手な選び方についてご紹介しています。当サイトのすべてのページは、本文下の総合ページリンク一覧からご覧いただけます。

 ≫総合ページリンク一覧から他のページを見るにはこちらから


スポンサーリンク


イチゴ(苺)の苗の上手な選び方 イチゴ(苺)の苗の上手な選び方


 甘くておいしいイチゴ(苺)を上手に育てるには、元気で丈夫なイチゴ(苺)苗の選び方を知ること大切です。

 イチゴ(苺)は、もともと環境の変化にも耐えられる丈夫な植物ですが、それも健全に育った丈夫な苗があってのこと。いくら環境の変化に耐えやすいとはいっても、苗が軟弱では、ちょっとしたことですぐに枯れたり、花が咲かなくなったり、実をつけなくなったりします。

 では、丈夫なイチゴ(苺)苗の選び方をご紹介する前に、まずイチゴ(苺)とイチゴ(苺)苗についての基礎知識をおさらいしておきましょう。


 イチゴ(苺)の基礎知識

 イチゴ(苺)は、本来気温の低い冷涼な気候と、適度な日当り、そして排水性がよく、適度の水分と有機質を含んだ肥沃な土壌を好む植物です。

 イチゴ(苺)の生育適温は、およそ17℃〜20℃で、夏の暑さが苦手です。その上、浅く根を張る性質もあって乾燥にも弱いという一面があります。

 イチゴ(苺)苗には、大きく分けると春に一度だけ実をつける一季なりと、春と秋に実をつける二季なり、そして春から冬の初め頃まで何度も実をつける四季なりがあります。

 ベランダや玄関脇など、限られたスペースでイチゴ(苺)を栽培する場合は、ジュエリーシリーズなどの、ハンギング・バスケットでも育てられる”四季なりイチゴ”がおススメです。

 四季なりイチゴは、春から秋まで長い間収穫を楽しむことができます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【種子】四季なりイチゴサカタのタネ
価格:108円(税込、送料別) (2016/8/3時点)




 イチゴ(苺)苗は、ホームセンターや園芸店で購入する以外にも、前の年に栽培したイチゴ(苺)の親株から伸びるランナー(子蔓 匍匐枝ともいいます)にできる子株を育てて、新しい苗にすることもできます。

 前の年に栽培したイチゴ(苺)の親株から採った子株を、新しいイチゴ(苺)苗として育てる場合は、ランナーの1番目の子株ではなく、2番目から3番目にできた子株を使います。1番めの子株は、9月〜10月頃に行う秋の定植までに大きくなりすぎることが多く、収穫用の苗としては不向きであることがその理由です。

 では、イチゴ(苺)と苗の基礎知識はこのくらいにして、元気で丈夫なイチゴ(苺)苗を選ぶコツをご紹介してみましょう。


 イチゴ(苺)の苗の上手な選び方

 園芸店やホームセンターなどでイチゴ(苺)の苗を選ぶ時には、たくさん並んでいるイチゴ(苺)苗を見渡して、直感的に元気そうな苗、丈夫そうに見える苗をいくつか選び出します。この段階では、純粋に自分の直感で選んでいただければ大丈夫です。

 私たちは、園芸の知識があっても無くても、無意識のうちに元気の良さそうな苗、生き生きとした苗、色つやの良い苗に自然と目が行くものです。そして、いくつか選んだその苗のなかから、1.葉や茎の緑が濃い苗2.全体に色鮮やかで艶のある苗3.茎が太くしっかりとした苗、4.イチゴ(苺)苗のクラウンがしっかりしている苗5.土や下葉にカビや変色の無い苗を選び分けてみてください。


(中央に見えるのが”クラウン”です)

 ちなみに、”クラウン”というのは、外観がちょうど王冠のような形に見える、苗の中心付近にある新しい生長点のことです。ここから新しい葉や茎が伸びて、やがては甘くておいしい果実を実らせる株に成長します。


手軽に楽しく育てられるイチゴ(苺)苗の一覧は、こちらからご覧いただけます。

イチゴ(苺)の栽培に最適な、ベランダでも使えるストロベリーポットの一覧は、こちらからご覧いただけます。


当サイトでは、植木鉢やプランターを使った家庭菜園で作る、おいしいイチゴ(苺)の育て方をご紹介しています。

当サイトのすべてのページは、本文下のリンクからご覧いただけます。どうぞご利用ください。


スポンサーリンク






スポンサーリンク


イチゴ栽培・時期別・月別作業のコツとポイント12ヶ月


イチゴ(苺)の病害虫対策



スポンサーリンク


 おいしいイチゴ(苺)の育て方と栽培法のトップページへ

   
 

Copyright(C) おいしいイチゴ(苺)の育て方と栽培法 All rights reserved.
inserted by FC2 system