イチゴ(苺)の病害虫対策・うどんこ病

イチゴの画像イチゴの画像

イチゴの画像イチゴの画像


●イチゴ(苺)の病害虫対策・うどんこ病

 このページでは、イチゴ(苺)のかかりやすい病気のひとつ、うどんこ病の予防と対策についてご紹介しています。当サイトのすべてのページは、本文下の総合ページリンク一覧からご覧いただけます。

総合ページリンク一覧から他のページを見るにはこちらから


スポンサーリンク


●イチゴ(苺)の病害虫対策・うどんこ病


●うどんこ病とは?

 うどんこ病は、子嚢菌(しのうきん)と呼ばれるカビ(ウドンコカビ)が原因となって引き起こされる植物の病気です。イチゴの株がうどんこ病にかかると、葉や茎、果実がうどん粉(つまり小麦粉ですね)をまぶしたような白いカビで覆われ、様々な生育障害が起こります。

 うどんこ病の直接の原因は、子嚢菌(しのうきん)と呼ばれるカビ(ウドンコカビ)ですが、その繁殖を誘発しているのは、肥料や水の与えすぎなどの不適切な栽培環境や管理の方法にあります。

 こうしたイチゴの株を弱らせてしまう管理方法や、置き場所などの栽培環境が不適切であったり、陽当たりが足りないといった条件が重なると、うどんこ病にかかりやすくなります。

●うどんこ病の予防と対策

 うどんこ病の予防には、肥料や水の与えすぎに注意して、陽当たりの良い場所で管理し、株そのものの抵抗力を高めることが大切です。

 もし、うどんこ病が発生したら、トリフミン水和剤、ポリオキシンAL乳剤、カリグリーンといった薬剤を指定通りの倍率で希釈して散布することが有効な対策となります。

 イチゴ(苺)の病害虫対策には、上記の薬剤散布が有効ですが、初めてイチゴ(苺)の栽培を始めた方や、薬剤の使用に慣れていない方にとっては、薬剤の希釈(適切な倍率で薬剤を水で薄めること)など、難しく感じる事もあると思います。

 そうした場合には、希釈の必要のない、買ってきてそのまま使えるスプレータイプの薬剤を使ってみてください。こうしたスプレータイプの薬剤は、植物の病気だけでなく、害虫の予防や駆除にも効果のある成分が併せて配合してありますので、広範囲な病害虫対策としてひとつ用意しておくと安心です。

手軽に楽しく育てられるイチゴ(苺)苗の一覧は、こちらからご覧いただけます。

イチゴ栽培に欠かせないイチゴの培養土の一覧はこちらからご覧いただけます。

甘いイチゴに育つイチゴの肥料一覧はこちらからご覧いただけます。

イチゴ(苺)の栽培に最適な、ベランダでも使えるストロベリーポットの一覧は、こちらからご覧いただけます。


当サイトでは、植木鉢やプランターを使った家庭菜園で作る、おいしいイチゴ(苺)の育て方をご紹介しています。

当サイトのすべてのページは、本文下のリンクからご覧いただけます。どうぞご利用ください。


スポンサーリンク




日本のイチゴ(苺)の種類と品種の特徴イチゴ(苺)の魅力
イチゴ(苺)の年間栽培スケジュールイチゴ(苺)の苗の上手な選び方
イチゴ(苺)栽培に必要な栽培用品イチゴ(苺)苗の植えつけ方とコツ
イチゴ(苺)の土選びと土づくりイチゴ(苺)の鉢の置き場所
イチゴ(苺)の肥料の選び方と与え方イチゴ(苺)の人工授粉の方法
成長期のイチゴ(苺)の管理のポイントイチゴ(苺)の冬の管理と寒さ対策
イチゴ(苺)の収穫時期一季なり(性)イチゴの性質と特徴
四季なり(性)イチゴの性質と特徴一季なり(性)イチゴ品種のライフサイクル

スポンサーリンク


イチゴ栽培・時期別・月別作業のコツとポイント12ヶ月

5月のイチゴ栽培・作業のコツとポイント6月のイチゴ栽培・作業のコツとポイント
一季なりイチゴ栽培開始の適期と始め方10月のイチゴ栽培・イチゴ苗の植え付けのコツとポイント
11月のイチゴ栽培・冬越しの準備と追肥・作業のコツとポイント12月のイチゴ栽培・防寒と追肥・作業のコツとポイント

イチゴ(苺)の病害虫対策


イチゴ(苺)の病気対策 うどんこ病イチゴ(苺)の病気対策 灰色カビ病
イチゴ(苺)の病気対策 炭疽病イチゴ(苺)の害虫対策 ハダニ
イチゴ(苺)の害虫対策 アブラムシ

スポンサーリンク



Copyright(C) おいしいイチゴ(苺)の育て方と栽培法 All rights reserved.
inserted by FC2 system